EMSソリューション.comでは製造に役立つ知識や
実装工程のポイントをご紹介します

EMSソリューション開発のご相談
053-439-7411
メールでのお問い合わせ
EMSソリューションノート無料プレゼント

EMSソリューションとは

プリント基板 はんだ実装技術について

「EMSソリューションサイト」のご紹介

製造に役立つ知識やノウハウを得ることができます。
実装工程設計時のポイント、作業における管理ポイント、などの記事を通して、円滑な製造工程をサポートしていきます。

EMSサイトができること

部品保管、取り扱い、生産設備条件、製造条件、工程設計、治工具の活用といった情報を提供していきます。

概況

エレクトロニクス技術は自動車、家電製品を中心に高性能、高機能化が急速に進展し、私達の生活に欠かせません。
また、電子部品の高機能化、信号の微細化、小型化、高密度、高品質化、高特性化、基板の多層化、高密度化も進展しています。
電子部品・電子回路を正常に機能させるために、はんだ実装技術は欠かすことは出来ず、はんだ実装箇所の信頼性、品質の向上は重要な役割です。
環境においても、

  • □ 洗浄液からフロンを廃止し、オゾン層破壊への対策
  • □ 人体、環境への影響、RoHS指令等に対し鉛フリー対応

といった製造環境も変化していきます。
変化に対応し、信頼性及び生産性を維持、向上させる為に、工程(過程)、材料、状態、現象(症状)、といった原理を正しく理解し実践し、電気、電子回路が正常に動作させることが重要な技術です。

基板実装のポイント

  • □ 保管、払い出し
  • □ 部品サイズ
  • □ 基板(基板仕様)
      ・種別、サイズ、層構成、厚さ
  • □ はんだ
  • □ 特性、はんだ仕上がり
  • □ 生産(実装)方法の決定
     ・表面実装部品の実装方法
     ・挿入部品の実装方法
     ・手作業の実装方法
  • □ 使用設備、設定条件の決定
     ・印刷機、実装機、リフロー装置、フロー槽、はんだこて(先)
  • □ 治工具の活用
     ・メタルマスクの仕様
  • □ 生産(実装)工程順番の決定
  • □ 検査方法
  • □ 生産性の確認(工程記録、量産性の確認)
  • □ 異常時の処置

「試作」と「量産」について

「試作」は、機能検証迄、生産性含める(量産に近いフェーズ)、目的・用途も踏まえた
実装のポイント出しが重要です。

「量産」は試作結果を踏まえ生産性、品質安定が重要です。