プリント基板実装に役立つ開発支援情報

EMSソリューション開発のご相談
053-439-7411
メールでのお問い合わせ
EMSソリューションノート無料プレゼント

プリント基板実装の勘所

プロファイル用基板

生産移行へのポイント

Q:
プロファイル用のプリント基板はなぜ必要でしょうか?

A:
プリント基板ごとに

「サイズ」「実装密度」「実装内容」が違うためです。

この3つの条件が変わってくると、

基板や部品の温まり方に差異が生じ、はんだの溶け方に影響がでます。

温度が高すぎると

「部品破壊」「基板破損」「なじみ不良」となります。

温度が低すぎると

「はんだ未融解」「未はんだ」「なじみ不良」となります。

そのため、

当社では新規製品、変更製品はプロファイル用の基板を使用して

プロファイルの測定をおこないます。

また、プロファイル用の基板は、条件がでるまで、

何度かリフローの中を通すため、製品としては使用できません。

そのため、製品用とは別にプロファイル用の基板が必要となります。

プロファイルは、お客様の指定の条件に合わせて採取することも、

部品を搭載した状態でのプロファイル採取も対応いたします。

生産移行へのポイント 一覧

一覧ページへ戻る